記憶に残る日々を。

しょうもない毎日に彩りを。理系の世界に少し飽きたので、英語と経営学を勉強してみるブログ。

【前編】WBS合格からしばらくして思うこと。

こんにちは。

ちょうど今は冬募集の時期なんだと最近気がついたのですが、このブログのアクセス数が突然増えたのは、受験生がたまたま辿り着いたりしてるからでしょうか。

特にいい情報を載せることができてなくてごめんなさい。基本思いつくままに書いているので…

さて、WBSの合格通知が来てから約1ヶ月半経ちました。この機会に今感じていることを書いてみます。

書いてたら長くなってしまったので二部構成にしてみました。

f:id:shaunsham:20160218184928j:image

WBS入学が少し不安になってきた

入学を2ヶ月後くらいに控えて、実は少し不安になってきました。果たしてどんな生活が待っているのか…なんて考えてます。

仕事との両立は大丈夫か…とか、授業料払えるかな…とか、プライベートの時間が…とか、まだまだ他にも色々あります。社内でこういう事をする人間が今までいなかったこともあり、若干目立ってるため、同僚の好奇の目が気になったりもしてます。

勉強についていけるのか不安で、予習っぽい本を読むくらいはした方がいいんじゃないか…と思って一冊読みましたがそれから全然続いていません。

WBSが始まれば尋常じゃないくらい忙しいらしい、とよく聞きます。実際やばいんじゃないかと、不安になります。僕みたいな何にも考えてない普通の人間がやっていけるのか、根拠のない不安を抱えています。

英語の勉強を続けられるだろうか。

人生の目的を見失ったりしないだろうか。

劣等感に押しつぶされたりしないだろか。

WBS進学を後悔したりしないだろうか。

婚期を逃さないだろうか。

不安は尽きません。
正直全く想像できません。
半年後の自分は活き活きとしているんだろうか。

でも何とかなるはず。多分。

正直なところ、何とかなるんじゃないかとは思ってます。
というか、ならないと困っちゃうわけですが。

それに僕にとっては、忙しくないのに自分を律して忙しくするより、普通に忙しい方が楽だし面白そうだなとも感じています。クソ忙しい毎日を効率よくこなすっていうタスクも楽しそうです。今のところ、楽観的に構えてます。

不安になったところで特に意味がないこともわかっています。何も解決しないです。なので、結局のところ気にしない事にして、普通に過ごしています。

現実逃避でしょうか。

わかりませんが、昔から崖っぷちに立たないと全然やる気出ません。半分諦めの境地です。


ただ、これを書いていて気づいたことがあります。

なぜこんなに僕は楽観的なのか。
なぜ不安なのに、落ち着いて考えていられるのか。


それは、
今「不安」を楽しむことができているからです。


きっと、4月から始まる「忙しさ」や「大変さ」も楽しむことができるのではないか。

そう思えるから、今、楽観的でいられるんだと思います。

前編まとめ

  1. 4月からのWBSめっちゃ不安
  2. でも、そんな不安も楽しめてる
  3. だから楽観的

ではまた。

【後編】WBS合格からしばらくして思うこと。 - 記憶に残る日々を。